HOME > BLOG INDEX > Cosme Buyer Company Blog

  • "Fujimoto"
の絞り込み結果を表示中 このブログのトップに戻る
  • 2016 27 December

    アロマで風邪予防

    みなさん
    こんにちは、URBAN RESEARCH DOORSの藤本です。


    NO1 魔法の石鹸 から少し間があいてしまいましたが、
    今回は、今の季節にぴったりな商品をご紹介します。

    URBAN RESEARCH DOORSでは、
    PERFECT POTIONのコスメをお取り扱いしています。

    夏のバズスプレーはとっても有名なので、毎年お使いの方も多いと思いますが、
    まずは、PERFECT POTIONってどんなブランドなのかというところから少しご説明を。

    PERFECT POTION(パーフェクトポーション)は、
    オーストラリア発祥の、ナチュラルスキンケア&オーガニックアロマのブランドです。

    もともとオーストラリアはとてもオーガニック食材の生産が盛んであり、
    スーパーやレストランなどでもオーガニック食品を使用しながら、
    ナチュラルなソープや日用品を使うことが当たり前の国。

    そんなナチュラルなものに対して意識の高いオーストラリアで
    ナチュラルセラピーコスメとして、サルバトーレ・バタリアによって作られたブランドです。
    天然素材が持つ自然治癒力を大事にしながら、
    常に高品質であり、ナチュラルな原料を追求しながら作られるアロマは
    オーストラリアで最も愛されるブランドの一つとなっています。


    バススプレーはあまりにも有名ですが、
    もちろんアロマや、ボディケア、ヘアケアまで幅広い商品ラインナップを展開しています。(DOORSではバズスプレー、ルームスプレー等のみです)

    そんな中から、今一番おすすめのこちらをご紹介します

    マスクスプレー


    PERFECT POTION ブリーズイージーマスクスプレー ¥1,320(税込)



    名前の通り、マスクに使うアロマスプレーです。
    マスクにスプレー?という方も、一度ぜひ使ってみてほしい!私イチオシのアイテムです!!

    マスクスプレー

    レモン、ユーカリー、ティーツリー等の精油を贅沢に使用して、
    マスクに一吹きするだけで、アロマの香りがすっきり鼻に抜け、気分もリフレッシュ。

    マスクを長時間使用すると感じてしまう、不快感を解消してくれます。

    空気が澱みがちな電車やオフィスでの気分転換に本当におすすめ。
    今の季節の風邪ウィルス対策や、鼻がとおりにくくなる、花粉の季節にも。


    私も実はマスクがとても苦手です。
    あの空気がこもってしまい、息苦しい印象があり、敬遠しがちでしたが、
    風邪をひくわけにもいかないし…としぶしぶマスクをつけることも多かった日々。

    ですが、このスプレーに出会ってからというもの、マスクをつけることが苦ではなくなりました。

    まだまだ寒い日が続くので、マスクは欠かせない季節。

    アロマは、アロマセラピーという言葉があるくらい、
    人間の身体に本来備わった自然治癒力を高めながら、
    疲労回復、体調不良など、心身の不調を癒す効果があるとされています。

    風邪の予防もしながら、自然治癒力を高められる新しいアロマスプレー。


    URBAN RESEARCH DOORS各店で販売中です。
    ぜひ、お手にとってみてください。



    そして、コスメブログは年内、今年はこれでおしまいです。

    来年から、たくさんのコスメの良さをみなさんにお伝えできるよう、
    私たちも新しいコスメとの出会いを楽しみに。

    来年もどうぞよろしくお願いいたします。


    みなさまよい年をお迎えください。それではまた、来年。


    URBAN RESEARCH DOORS  / FUJIMOTO


    cosme

    URBAN RESEARCH DOORS 


    Posted at 11:46 | link

  • 2016 11 August

    魔法の石鹸

    こんばんは。

    前回の兒玉さんよりバトンを受け継ぎ、本日は藤本が担当します。

    はじめまして、の方も多いのでまずは少し自己紹介を。

    私はDOORSで様々なコスメと向き合う日々ですが、
    自分自身、幼い頃からずっと、アレルギーとも向き合う日々でした。


    アトピーに始まり、ハウスダウトや動物、
    大人になってからは果物や、食べ物にもアレルギーがでるようになってしまいました。

    肌も敏感肌+乾燥肌。



    そんな自分の体質と共に、日々使うものにも、様々な選択をしなくてはならなくなりました。

    コスメもその中ではとても重要。
    ヘアケアからスキンケア、ボディケアまで、ケミカルコスメはほぼ使わなくなりました。

    でも、今の日々のくらしの中では、化学物質をすべて排除するのは難しい。
    私なりの自分の身の丈にあった物の選び方や、コスメについてのお話ができればと考えています。
    どうぞお付き合いください。

    今日は私がDOORSとお付き合いがはじまってから、ずっと使い続けている石鹸についてです。

    ガミラシークレット

    Gamila secret / soap ¥2,300+tax
    Gamila secret / body towel ※非売品


    あまりにも有名で、説明不要なガミラシークレットのソープ。
    私はこの石鹸を、洗顔と、体を洗うまでの全身使っています。


    ガミラシークレット

    DOORSでは、ラベンダー、ゼラニウム、オリジナル、ローズマリーの4種類のお取り扱いですが、
    私が一番すきなのはオリジナル。オリジナルはアトピーにも効くんだとか。

    100%植物素材にこだわり、合成香料、合成界面活性剤、着色料、パラベン不使用。
    これだけでも安心ですが、乾燥肌の私にとって、
    「石鹸=汚れを落とすもの」というイメージで保湿されないのでは?という不安が。

    そこは使用してみてびっくりしたところのひとつ。
    実はこの1つの石鹸にオリーブオイルが1Lも含まれているのです。
    ガミラが言う「汚れを落とすため」ではなく、「肌のバランスを整える」石鹸。

    肌を清潔にしながらも、油分でしっとり。
    そんな絶妙なバランスで、洗顔後にも顔がつっぱると感じたことはありません。




    洗顔はもちろんですが、ガミラの良いところは全身使えるところ。
    もちろん体を洗うときにも使用します。

    そんな時に使うボディタオル。最近すすめていただいたこれも秀逸。

    ガミラシークレット

    ガミラシークレットのボディタオルです。

    ボディタオルも化繊のものが多く、洗うたびに肌が痒くなるのがずっと気になっていました。

    でもこのボディタオルの素材は、綿とポリ乳酸。ポリ乳酸とは、とうもろこしなどから採れる素材で作られた合成繊維のこと。そう、このボディタオルも自然素材からできているのです。化繊ではないので、肌への負担もなく安心。もちろん泡立ちもばっちりです。


    洗顔からボディケアまで、しっかりと保湿して、肌を整え、守ってくれるガミラの石鹸。
    そんな石鹸に守られているせいか、自分自身の乾燥肌もだいぶ改善されてきたような気がします。
    ガミラシークレットの石鹸は、DOORS各店、URBAN RESEARCH storeでお取り扱い中です。


    自分の体が喜ぶものを、自分の選択で。年齢を重ねるたびにそう感じるようになりました。

    これからも、肩肘張りすぎず、自分らしく。自分の好きな物や暮らしかたを、きちんと選んでいけるようになりたいなあと思う日々です。

    それでは、また次回。

    Fujimoto



    DOORS HP
    http://www.urdoors.com/


    Posted at 15:40 | link

  • 2014 7 June

    はじめまして。


    こんにちは。

    コスメバイヤーBLOGをご覧の皆様、藤本と申します。

    ずっと南船場店で販売員をしていましたが、
    今年の春から、少しずつですが雑貨のお仕事に関わるようになりました。
    コスメのBLOGを・・・とお話いただいたのですが、
    私は正直コスメ初心者です。。

    DOORSで働きはじめてから、自分の生活を徐々に見直すようになりましたが、
    まだまだ、自分の生活に取り入れたいものはたくさん。

    いろんなことに挑戦したい、今日この頃です。



    これから、自分で試して、いろいろとみなさんにお伝えできればなと思います。
    コスメだけじゃなく、他にもいろいろと・・・。


    どうぞ、お付き合いください。よろしくお願いします。

    空



    これは先日行った長野で。
    もちろん、日焼けしてしまいました。。。

    そんな時に活躍したものを、次回はご紹介します。


    それでは、また。



    fujimoto

    Posted at 16:14 | link