HOME > BLOG INDEX > Cosme Buyer Company Blog

  • 2014 16 December

    冷えのこと

    こんばんは。かぐれの岩井です。

    一段と寒さが厳しくなってきましたね、
    みなさん風邪などひかれていませんか。


    きょうは、気になる方もきっと多い、「冷え」についてのお話です。
    冷えは万病のもと、とよく言いますが、
    美容の大敵でもあります。

    冷えて血流が悪くなると、新陳代謝や内臓機能、免疫力がダウンします。
    そのため、乾燥やアレルギー、くすみ、シミ、シワ、ニキビ、毛穴のつまり、肌の弾力の低下…
    といった肌トラブルが現れやすくなります。

    もちろんからだにとっても冷えは大敵。
    さまざまな不調の原因となります。

    みなさんも、いろいろな冷え対策をされていると思います。
    どんな方法が効果があったか、ぜひお聞きしたいです^^

    きょうは、わたしの冷え対策をすこしだけご紹介。


    ■その1・冷えとり靴下

    これは、みなさんもうご存知かもしれませんね。
    かぐれでも大人気のシリーズです。

    本来は、シルク5本指→綿5本指→シルク先丸→カバーソックス、と
    4足重ねるのが定番。

    冷えとり


    でも、冷えとり靴下を始めたばかりの方にとっては、
    4足重ねるのはなかなか大変…

    そんな方にとっってもおすすめなのが、
    内側がシルク、外側が綿の5本指ソックス。

    冷えとり


    (綿×シルク5本指ソックス/かぐれ/¥1,700+税)

    2層になっている靴下は、1足で2足分の役割を果たしてくれます。
    これがもう、わたしのようなめんどうくさがりやにはありがたい。

    同じく2層になっている先丸ソックスもあるので、
    2足履けば、4足履いているのとほぼおなじ状態になります。

    この秋冬は、この靴下ばかり愛用していました。
    おすすめですよ。


    ■その2・レッグウォーマー

    家に帰ったら、すぐ靴下を脱ぎたい!という方もいるのではないでしょうか?
    実はわたしもそのタイプなのです。

    とはいえ、冷えとり健康法では、本来は
    お風呂に入っている時間以外は靴下を重ね履きするのがベーシックな方法。

    でも脱ぎたい…でも冷える…うーんうーん…
    そんなときは、わたしはレッグウォーマーを必ず着用することにしています。

    もちろん靴下を履いているのがベストですが、
    でも、がまんしてまで履き続けてもよくないと思うのです。

    わたしは特に、ひざ上までカバーしてくれるレッグウォーマーを愛用しています。
    みなさん、ひざって冷えませんか?
    実はひざは、筋肉がないのでとても冷えやすいところ。
    ここを温めると、だいぶ冷えがラクになります。

    そして足首も。
    「首」とつくところを温めると良い、とよく聞きますよね。
    太い血管がからだの表面を通っているので、効率的に温めることができます。

    靴下が苦手、でも冷えが気になる方、
    それから夏場で靴下を履きにくい時期など、
    足首からひざ上まで届くレッグウォーマーだけでもぜひ試してみてください。


    ■その3・腹巻+カイロ

    冷えとり


    (シルク腹巻/かぐれ/¥4,500+税)

    わたしは365日腹巻をしています。
    できれば胸の下から、子宮の位置くらいまで届く長めのもの。

    そして今の時期は、腹巻の上にカイロを貼り
    背中や腰、お尻周りをさらに温めていて、
    これがあるとないのでは、からだの調子がまったく変わります。

    昨年腰椎ヘルニアを患って以来、手放せなくなったカイロ。
    温めて血流を良くすることで、だいぶ痛みが減ることを実感しました。
    気になる方、ぜひ一度お試しください。


    ほかにも、半身浴をしたり、
    白湯を飲んだり、季節のものを食べたり、
    日常生活で取り入れられる冷え対策はいろいろあります。


    でも、何かをがまんしたり、むりはせずに、
    心地よく過ごすための方法を選ぶようにしましょうね。

    わたし自身も、めんどうくさがりな性格ですので、
    そのときの気分次第で、やったりやらなかったりですが、
    できる範囲で気をつけるようにしています。


    実は今週、こんなふうに「冷え」についてお話をするセミナーが
    大阪と長野で開催されます。

    大阪は、12月17日から始まる「女性のためのナチュラルビューティースタイル展」での
    ステージイベント。

    「冷えとりインナーとオイルトリートメントで、冷えに負けないからだ作り」
    ・12月17日(水)19時〜19時30分
    ・12月18日(木)18時〜18時30分

    ご予約不要の無料イベントです。
    お時間までに、大阪タカシマヤ7階催会場ステージにお越しください。
    詳細はこちら → (click!


    そして長野は、ギャラリー「ラボラトリオ」さんで行われる
    「冷えとりフェア」に合わせて開催されます。

    「冷えとりワークショップ」
    ・12月20日(土)14時~/16時~
    (¥1,000- ビューティーオイルサンプル、お茶付)

    こちらは、直接ラボラトリオさんにお申し込みください。
    詳細はこちら → (click!


    みなさん一緒に、それぞれの冷えにまつわるお悩み、対策、
    いろいろお話しましょう!

    それでは、また。


    かぐれ 岩井
    *最新情報はこちらから KAGURE holistic beauty Facebook → (click!

    Posted at 19:16 | link

  • 2014 12 December

    ナチュラルビューティースタイル展@大阪タカシマヤ

    こんばんは。かぐれの岩井です。

    明日12月17日(水)から大阪タカシマヤで始まる
    「女性のためのナチュラルビューティースタイル展」。
    美容家・吉川千明さんが厳選された、約45のナチュラルコスメブランドが集まります。

    NBS


    「女性のためのナチュラルビューティースタイル展」
    ・日程:2014年12月17日(水)~12月23日(火)
    ・営業時間:10時~20時30分 
     ※12月22日(月)は21時まで 
     ※最終日12月23日(火)は18時30分まで
    ・場所:大阪タカシマヤ7階催会場

    くわしくはこちらをご覧ください。 → (click!



    かぐれブースでは、スキンケアシリーズはもちろん、
    冷えとり靴下やシルクインナーも豊富にそろいます。
    アロマセラピストスタッフによるトリートメントや、
    冷え度チェックができるカウンセリングも常時受け付けております。

    NBS


    さらにステージイベントも開催します。

    冷えとり


    「冷えとりインナーとオイルトリートメントで、冷えに負けないからだ作り」
    ・12月17日(水)19時〜19時30分
    ・12月18日(木)18時〜18時30分

    ご予約不要の無料イベントです。
    お時間までに、大阪タカシマヤ7階催会場ステージにお越しください。

    冷えとり


    こちらの「冷えチェックシート」でご自身がどれくらい冷えているのか確認したり、
    からだ、お肌、生活習慣、さまざまな観点から「冷え」についてお話をさせていただきます。


    年末に、ご自身のからだと心をいたわるアイテムがたくさん揃いますよ。
    ナチュラルビューティースタイル展でしか手に入らないスペシャルキットもたくさんありますので
    ぜひ遊びにいらしてくださいね!

    大阪タカシマヤでみなさんにお会いできるのをたのしみにしております。
    それでは、また。


    かぐれ 岩井
    *最新情報はこちらから KAGURE holistic beauty Facebook → (click!


    Posted at 23:47 | link

  • 2014 12 December

    KURE BAZAAR新色紹介

    こんにちは。


    Kodamaです。

    あっという間に年末ですね!
    本当に毎日、年末の早さにびっくりします。

    年越しももうすぐですが、その前にクリスマスですね。
    もうご予定はお決まりでしょうか。


    そんなクリスマスが待ち遠しくなる(?)新色が、KURE BAZAARから登場しています。

    KRUE BAZAAR



    ALL ¥2,300(+TAX)

    KURE BAZAAR


    サハラ

    KURE BAZAAR


    ケール

    KURE BAZAAR


    アモーレ

    KURE BAZAAR


    ドライフィニッシュ



    以上の4色です!

    待ちに待った、KURE BAZAARのグリーンカラー。
    本国では他のグリーンカラーも以前からあったのですが、日本には入っていなかったのです。。
    他の色が充実しているので、グリーン系もあったらいいのにな~と思っていました。

    モミの木を連想させる、深みのあるグリーンは、派手すぎず、シックなイメージです。

    サハラは温かみのあるオレンジ。
    アモーレは濃いピンクと赤の中間のような、きつすぎず女性らしい深みのある赤です。

    更に、新しく「ドライフィニッシュ」が登場です。
    今まではファイナルタッチというコート剤がありましたが、より速乾性を追求したアイテムとの事。

    これで慌ただしい年末も、キレイなネイルをサッと仕上げることができますね。




    アモーレ+ケールで、X'masらしいバイカラーネイルもいいですし、
    もともと展開があるルブラン(真っ白)でネイルアートも楽しそうですね。
    夢が広がります。




    すでに店頭には到着しております!

    更に、X'mas限定・数量限定ですてきなプレゼントも・・・!

    2本入りOR3本入りからサイズを選べる専用のギフトBOXをご用意しております。
    更に、KURE BAZAARオリジナルのネイルファイル(爪やすり)もプレゼント。

    数にはかなり限りがございますので、気になる方はお早めに・・・


    プレゼントでお渡しする時にも、よりサマになります。



    UR西梅田店、有楽町店、表参道店、千葉そごう店、香林坊大和店、福岡三越店で展開しておりますので、スタッフにお気軽におたずねください。




    それでは、また。


    Kodama

    ↓こちらも是非ご覧ください♪
    UR HP:http://www.urban-research.com/UR/
    column:http://www.urban-research.com/UR/?cat=9
    twitter:https://twitter.com/URBAN_RESEARCH
    facebook:http://www.facebook.com/urbanresearch.jp

    Posted at 11:40 | link

  • 2014 6 December

    Rampal Latour サボンノアール

    こんにちは。

    Kodamaです。




    今日ご紹介するのは、大好きなRampal Latour
    (以前もBLOGでご紹介していました)


    フランスのマルセイユソープブランドなのですが、
    今まで固形のソープにしか注目していませんでした。。

    何度もリピートしているラウンドソープ(香り付石けん)の魅力はもう
    さまざまな場面で語ってきたのですが、まだまだ私は分かっていませんでした。



    Rampal Latourの本当の威力!



    Rampal Latour



    サボンノアールクリーナー
    ¥900(+TAX)


    この存在を知ってはいました。
    そして持ってもいました。

    ですがずっと家に眠っていました。。



    Rampal Latourの中で、唯一の液体洗剤です。

    Rampal Latour



    日本の洗剤は「トイレ」「お風呂」「床」「シンク」等々、目的を細かく分け、
    分かりやすいものが多いですよね。
    そして日本人も分かりやすいものが大好きです。

    しかしフランスは「これひとつで全部磨ける」という掃除アイテムが主流です。
    それこそマルセイユソープも、髪も顔も体も、食器から服まで洗えて歯磨きもできる・・・というものなので、そういったアイテムが根強く残っているのも納得です。

    こちらのサボンノアールも、言ってしまえば「何でも用洗剤」
    薄め方、使い方によって色々なものが掃除できます。


    しかしながら、床にはこの使い方、トイレにはこの薄め方・・・というのが日本人は面倒で嫌いです。
    これにはコレ!と決まっている安心感。
    私も、すみません、そうです。

    だからこそ眠っていたのですが・・・



    先日キッチンを本気で掃除した時に、コンロ下の汚れを発見してしまいました。

    備え付けじゃないので2口コンロを置き場に置いていますが、その下がもうひどい。
    隙間から落ちてしまった食材のかけら、汁もの、油、そしてほこりがみんなギュッとなった新しい汚れが潜んでいました。

    やっぱり・・という気持ちと、こんなに!?という気持ち。




    水で落ちるスポンジやレンジクリーナー等、私の中で「これでだいたい落ちる」シリーズの道具を駆使するも、すこ~~~しずつしか落ちません。。



    そこで、試しにやっとサボンノアールが登場しました。

    薄めるとかめんどくさいので、コンロの下に直接垂らしてやりました。
    (ステンレスなので、もういっかと思って・・)
    そして濡れた布巾でふきふき・・・


    すると!


    こびりついてなかなか分解されなかった汚れが、みるみる落ちました。

    ついでにステンレスの輝きがすごいことに・・
    鏡みたいになっていきます。
    すぐに、よごれはほとんど布巾の方にしみこみました。

    最後に布巾を洗って、きれいな布巾でもう一度水拭き。

    完璧です。





    こんなに熱弁しておいて、BEFORE→AFTERの写真が無いのが本当に残念です・・・!
    (拭いてみてきれいに落ちた時に、BEFOREから撮れば良かったと後悔しました。。)


    とにかくNO.1の洗浄力です。

    調子に乗って濡らした布巾に原液をつけて、薄めた風(?)にして・・


    ・レンジの中
    ・冷蔵庫
    ・壁面のタイル
    ・シンク

    等々、拭いてみましたが、あっというまにピカピカです。
    水垢なんか、もう本当にちょろいです。
    一瞬です。

    つまり、使い方は「適当」でいいんですね。。


    もちろん、素材によっては直接原液を付けるとシミになってしまうもの等もあると思いますが、
    目立たないところで試してからにすれば・・・
    あとはもう感覚で使えそうです。

    説明文に、使い方によってはレザーのお手入れやペットのシャンプーにも・・・と書いてある
    このサボンノアール。

    どうやら嘘ではないようです。
    (疑ってはいません!)




    これから年末の大掃除に向けて、どのスペースでもとっても重宝しそうです。

    私もストックを買っておきます◎



    長くなった割に写真が少なくて申し訳ないですが・・

    気になる方は是非、試してみてください。



    それでは、また。


    Kodama

    ↓こちらも是非ご覧ください♪
    UR HP:http://www.urban-research.com/UR/
    column:http://www.urban-research.com/UR/?cat=9
    twitter:https://twitter.com/URBAN_RESEARCH
    facebook:http://www.facebook.com/urbanresearch.jp





    Posted at 12:00 | link

  • 2014 5 December

    コラムが更新されました。

    こんにちは。


    Kodamaです。



    コラムが更新されました。

    ↓画像をclickしてください↓

    Beauty tips



    今年も、色々なブランドからX'masの限定アイテムやコフレが登場しています。

    中でも一押しの商品をご紹介しております。


    大切な人へのX'masプレゼントにはもちろん、
    お誕生日プレゼント、送別品、出産祝い、自分へのご褒美・・・等々
    ご参考頂ければと思います。








    そして、コラムBeauty tipsは今回が最終回になりました。


    初めてコラムをHPに載せて頂いたときには、まだ昔のブランドサイトで、
    店頭の販売スタッフをしながら始めました。

    写真も、今でこそこんなに素敵な写真をスタジオで撮ってもらえますが、
    当時はiphoneで自分で撮った写真を提出するしか無く。。

    かなりクオリティの低かった状態から、
    「Beauty tips」というタイトルまでつけて頂き、
    気が付けば、とても成長させて頂きました。




    このコラムを楽しみにしてくださっていた方がいらっしゃるかは謎ですが・・
    たまたまでもどなたかの目にとまり、どなたかのコスメ選びや生活の参考になったことが一度でもあれば、こんなに幸せなことはありません。




    本当にありがとうございました。



    Kodama

    ↓こちらも是非ご覧ください♪
    UR HP:http://www.urban-research.com/
    column:http://www.urban-research.com/?cat=9
    twitter:https://twitter.com/URBAN_RESEARCH
    facebook:http://www.facebook.com/urbanresearch.jp

    Posted at 10:42 | link