HOME > BLOG INDEX > URBAN RESEARCH SHOP BLOG > URBAN RESEARCH ソラリアプラザ福岡店 ブログ

  • "STAFF DIARY"
の絞り込み結果を表示中 このブログのトップに戻る
  • 2019 11 October

    Daily Random Vol.1









    いつもURBAN RESEARCHソラリアプラザ福岡店のブログをご覧頂き誠にありがとうございます。






    Writer 相原です。
    本日は商品やスタイリングの紹介ではなくただの僕の休日の話です。





    少し肌寒さを感じる10月9日。






    気温的にも丁度よさそうだったのでTEATORAのSouvenir Hunter DPに袖を通し、足を運んだのは以前から気になっていた久留米市美術館のタータン展へ。


    • モデル身長:165cm
    • 着用サイズ:ダウン・中綿ジャケット/2、スラックス/44

    このスタッフの他のスタイルを見る

    スタイルに使用したアイテム

      ※ONLINE STOREヘリンクしています
      ※店舗の販売価格とは異なる場合がございます








      展覧会名は「タータン 伝統と革新のデザイン」



      日本では「タータンチェック」の名称で親しまれているタータン。
      それは衣類はもろちんカーテンやクッションカバー、グラスに至るまで幅広いデザインで用いられて、弊社の商品でも、特に秋冬のものであればタータンを模したデザインは多く見受けられます。



      身の回りにはたくさんのタータンがあることに気付きますが、意外とその歴史は知らないもの。


      今回は勉強もかねて訪れることにしたのです。


      アーバンリサーチ






      アーバンリサーチ



      ※展示の中で撮影が許可されているのは一部のみです。









      展示は期待以上のものでした、、、。


      見慣れたタータンから初めて見るような色合わせのタータン、どれも魅力的でとても引き込まれました。



      そのそれぞれに背景があり、たとえばそれはクラン(氏族)をあらわすものであったり、軍やチームをあらわすものもあります。


      たとえばブラック・ウォッチ

      アーバンリサーチ



      こちらは1700年代にジャコバイトの動向を監視していた独立グループの名前に由来したもの。Black Watchとは「黒い見張り番」の意。彼らは軍のユニフォームとしてこのようなネイビー、ブラック、グリーンを配した毛織物を実際に着用していたそうです。
      メンズウェアの多くがミリタリーに端を発するように、こうした柄にもミリタリーの歴史を垣間見ることができるんですね、、、。




      現代で言えば企業を象徴するアイコニックなものであったりします。
      たとえば弊社でも別注しているアメリカの誇る最高峰のブランドBrooks Brothers

      アーバンリサーチ



      こちらはシグネチャータータンというBrooks Brothersオリジナルのタータン。

      自分達の追い求めるスタイルのルーツがスコットランドにあることを知ったBrooks Brothersはオリジナルのタータンを作り、シグネチャータータンとして確立。傘やハンカチをはじめ、さまざまなプロダクトに配することで同社のアイコンとなり、その著名度はNYマディソン街の地下鉄のホームに描かれたほど。









      いくつものタータンを眺めながら「あ、これあのパンツと同じだ」などと思う事が多々あったのですが、このようにお持ちのタータンを探してみるのもまた一興かと。



      お時間のある方は是非久留米市美術館へ。

      そのあとURBAN RESEARCHソラリアプラザ福岡店までお越し下さい。話しましょう。笑




      アーバンリサーチ







      以上、Writer 相原のDaily Randomでした。



      またの機会に、、、。








      Posted at 14:17 | link

    • 2019 10 June

      文章を書くように












      いつもURBAN RESEARCHソラリアプラザ福岡店のブログをご覧頂き誠にありがとうございます。






      さて、僕相原の書き物ブログ。
      何回目なのでしょうか。

      事の発端は文章を書くことを得意としていたからなのですが、さらにその理由をたどると本をよく読むかなと今更ながら思います。



      文章を書くとき、いつも頭の中で様々な思考が繰り広げられます。
      しかしその基本はシンプル。

      まず言いたいことを箇条書きにしてみる。
      書き出したら重複しているものを消す。
      そのあとは並び替え。理由で繋がるものを前後に配置していく。
      すると徐々にグループになってくる、それが段落。
      あとはそれを理解しやすい順番で並び替えてディテールを調整すれば文章の出来上がり、、、。







      この思考はスタイリングを作るときにも大きく役立っています。
      例えばこのスタイリング。




      • モデル身長:165cm
      • 着用サイズ:ショートパンツ/L、Tシャツ・カットソー/M

      このスタッフの他のスタイルを見る

      スタイルに使用したアイテム

        ※ONLINE STOREヘリンクしています
        ※店舗の販売価格とは異なる場合がございます






        シャツ








        たっぷりとしたリネンシャツにジオメトリック柄のカットソーで80年代のドレスカルチャーを意識。ショーツの足元にはスニーカーを合わせがちですが、ここは勇気を出して革靴を選んでみてはいかがでしょう。足元がスッキリとしてより一層落ち着いた雰囲気を演出してくれます。

        と、ブログでは紹介するのですが、それまでの思考には以下の様な流れがあります。




        アイテムだけではなく色使いにも気を配りたい。


        トップスは何をあわせようか?

        ブラックのショーツだし合わない色は無いはず。

        思い切ってオレンジやブルーのカットソー?

        いや、ストリート過ぎる。

        まずは統一感だ。

        ブラックのカットソーを合わせてみる。

        たしかに統一感は出るがオールブラックだとやはりストリート感、モード感は否めない。

        落ち着いてはいるが、


        まだ面白みに欠ける。


        WNWのジオメトリック柄のカットソーを着てみる。

        ホワイトのベースカラーにブラックで入った柄。

        ジオメトリック柄はビンテージタイなどでよく見られるもので、なかなか大人の遊び心を演出できた。


        でもまだブラックにホワイトだけ。

        羽織りになにか色が欲しい。

        ネイビーのシャツを合わせてみる。

        落ち着いた雰囲気と夏らしい爽やかさもある。

        しかしこれでは面白みに欠ける。

        そこでふとカットソーの柄を思い出す。

        「80年代のビンテージ」

        この伏線を回収するように、深いワインのリネンシャツを合わせる。


        同じワインのサングラスをかけ鏡の前に立ってみる。


        色の統一感が、カルチャーの統一感も作り出した。












        とかいう推敲が僕の頭の中ではされています。

        なぜこのような重箱の隅をつつくような意地悪を自分にしているかと言うと、スタイリングをするということこそがまさに、この重箱の隅をつつくような推敲を積み重ねることに他ならないと思っているからです。こうした地味で神経症的な推敲の蓄積こそがスタイリングに熟達する方法だと思っているのです、、、。













        アーバンリサーチ











        たまにはこんな話も、、、笑










        ブログをご覧の皆様にはどんなこだわりがありますか?
        ぜひ、店頭にてお聞かせ下さい。


        スタッフ一同、皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。








        Writer : Aihara








        ※URBAN RESEARCH ソラリアプラザ福岡店では店舗通販も承っております。



        Blogなどで見た商品の詳細や在庫状況等につきましても、お気軽にお電話にてお問い合わせくださいませ。

        ●お支払い方法:現金、クレジットカードがご利用いただけます。

        ●発送方法:ソラリアプラザ福岡店より、ヤマトのコレクト発送(代引き発送)となります。

        ●お支払い金額:商品合計金額+代引き手数料324円+送料全国一律324円

        ※税込¥5,000円以上のご購入で、送料一律324円を無料とさせて頂いております。




        Posted at 18:13 | link

      店名:ソラリアプラザ福岡店
      住所:〒810-0001 福岡県福岡市中央区天神2-2-43 ソラリアプラザ B1F
      TEL:092-406-9755
      営業時間:10:00〜20:30
      定休日:不定休

      【店舗通販】

      ●お支払い方法:現金、クレジットカードがご利用いただけます。

      ●発送方法:ソラリアプラザ福岡店より、ヤマトのコレクト発送(代引き発送)となります。

      ●お支払い金額:商品合計金額+代引き手数料324円+送料全国一律324円
      ※但、税込¥5,000円以上ご購入で送料無料

      お気軽にお電話にてお問い合わせくださいませ。

      地図はこちら